過去の卒業生インタビューBack Number

卒業制作作品が学外のコンテストで受賞。職業作家の道を歩むきっかけになりました。

内藤 日和

私がアニメーションの魅力に出会ったのは、大手前大学オープンキャンパスでのアニメ制作の体験授業でした。入学後、アニメの基本的な制作技術を身につけながら、オリジナル作品の制作に没頭。卒業制作作品は「2011年アニメーション神戸デジタルクリエイターズ部門最優秀賞」を受賞しました。その後、神戸市から観光 PR用アニメの制作依頼があり「in KOBE」(3分33秒)を制作しました。いま振り返れば、決して満足のいく仕上がりとは言えませんが、多くの方の目に触れ評価をいただいたことはやはりうれしかったですし、作家として手応えを得ることができました。現在、2017年 2月に、もらすとしずむというバンドとクラウドファンディングを立ち上げて制作したミュージックビデオ『Oh K 』が完成。現在各方面に発表しています。これまでさまざまな作品を発表する機会をいただけたのは、思いがけない出会いやご縁に恵まれてのこと。今後は自分からもっと積極的に動き、新しいテーマや表現に挑みたいと思っています。

※内容は取材当時のものです

一覧へ戻る