大手前大学

最新情報

【地域社会連携】伊丹アピールプランへの参加

ニュース
打ち合わせ中
三軒寺前広場で打ち合わせ中
緑ケ丘公園体育館前誘導
体育館前からぐるり
無事終了
緑ケ丘公園チームは無事終了
大手前短期大学の地域貢献活動として、2018年度から伊丹アピールプランに有志の学生が参加しています。
伊丹アピールプランは、伊丹市の魅力(地域資源)を紹介・活用して、伊丹市も市民も活性化しようという活動です。

6月1日(土)、9人の学生が第13回ワンデーウォーキングを運営する側として参加し、2019年度の活動を始めまし
た。
ワンデーウォーキングは、300人もの参加者が、三軒寺(さんげんでら)前広場を出発し、猪名野(いなの)神社・緑ケ丘公園・伊丹廃寺跡などを通り、昆陽池(こやいけ)公園で折り返してJR伊丹駅前の有岡城(ありおかじょう)跡まで約10
kmを歩くイベントです。

ゴールである有岡城跡は1975年から発掘調査が始まりました。大手前女子学園(当時)は、伊丹市教育委員会の委託を
受け、1985年から調査に加わりました。
発掘調査報告書『有岡城跡・伊丹郷町』や大手前女子大学史学研究所編集『城・町・くらし:有岡城跡・伊丹郷町調査1
0年の成果から』『有岡城跡の二十年:調査・保存・整備のあゆみ』その他を発掘の成果として出版しています。

参加者は、一心不乱にウォーキングという人から、家族でのんびり歩む人まで、さまざまでした。
学生たちは、スタート地点とスタンプポイント鴻臚館(こうろかん)のある緑ケ丘公園にわかれて、準備や受付、誘導や記念品の手渡しに半日あたりました。

学生の活動報告書には、ウォーキング参加者からどんどん声をかけられることに驚き、担当した役目で自分が指示を補っ
てどのようにすればよいか考えたなど、新たな経験への新鮮な反応が書かれています。

伊丹アピールプランに参加している学生は今後も、学外の行事や学内での作業に携わる予定です。

(配信元:FD委員会)


ページトップへ