大手前大学

地域に根ざす(地域社会の一員として)

主な取り組み

「さくら祭の開催」(さくら祭実行委員会)

「さくら祭の開催」(さくら祭実行委員会)

課外活動を統括する課外活動本部と参加団体有志により結成された「さくら祭実行委員会」の企画・運営で、新入生歓迎と地域住民との交流をテーマにした「さくら祭」を2009年度より4月の土曜日に開催しています。
数を重ねるごとに地域住民からの認知も定着。課外活動学生によるイベントや模擬店だけでなく、地域の団体様にも出演にご協力いただいています。多くの学生、家族連れ・地域住民の方々が展示、発表、屋台などを楽しんでいます。例年「みやたん(西宮市観光キャラクター)」の参加もあり、子ども達は大喜び、会場は大いに盛り上がっています。

「トライやる・ウィーク」事業への協力

「トライやる・ウィーク」事業への協力

兵庫県下の中学校生徒の社会体験活動として毎年実施されている「トライやる・ウィーク」事業について、各校から3日程度の期間、5人程度の生徒を受入れており、職場の体験学習として図書館や史学研究所などで仕事の一端を体験してもらっています。

「伊丹わっしょい」(地域連携イベント)への積極的な参加

「伊丹わっしょい」(地域連携イベント)への積極的な参加

伊丹の中心市街地活性化・青少年健全育成・新しい文化を旗印に、ダンス等を通して元気なまちをつくる事をめざしたイベントです。NPO法人いたみタウンセンターが中心となり、伊丹市や伊丹商工会議所も連携したイベントです。
いたみホール、阪急駅ビルリータ、三軒寺前広場の3会場で実施され、大学生を中心とした実行委員会が様々な企画を考え運営されており、例年、本学からも課外活動での参加や委員長、局長などの重要な役割を担う学生が活躍しています。

メイクゼミによる高齢者施設での地域貢献活動(短期大学)

伊丹市内の社会福祉法人協同の苑「K-maisonときめき」で、「メイクアップ施術によるアンチエイジング体験会」を開催。体験会では、メイクゼミで技術や美容の知識を深めている学生4人が色とりどりのアイシャドーから、それぞれに似合う色を見つけてブラシで塗り、顔のマッサージ方法も伝授し、おしゃれを楽しんでもらいました。就職先が介護施設に決定している福祉ゼミの学生は、お年寄り全員に声を掛け、会話を楽しんでもらいました。
学生たちが日ごろ学んでいることを、施設の利用者に体験していただくことで、地域の方々との交流を深めまることができました。

メイクゼミによる高齢者施設での地域貢献活動
メイクゼミによる高齢者施設での地域貢献活動

JR西日本 駅のディスプレイ展示(短期大学)

短期大学の地域貢献活動として行っている、JR尼崎駅・猪名寺駅の展示制作は今年で8年目となります。
2018年度は「駅構内のマナー」をアピールするための装飾展示を行いました。参加学生が各自でマナーについて研究し、駐輪厳禁の看板を制作。JR職員の方々とやり取りを重ね、先方の希望を聞いたり自分たちのアイデアを出しながら話し合い、それをかたちにするという経験の中で、学生はコミュニケーションの力やチームワーク力を伸ばすことができました。
また、リーダーシップを発揮して活躍した学生もいました。

JR西日本 駅のディスプレイ展示
JR西日本 駅のディスプレイ展示

伊丹地域「クリーンキャンペーン」の実施

伊丹地域「クリーンキャンペーン」の実施

本学の課外活動公認団体に所属する学生が参加して実施する伊丹地域の清掃活動「クリーンキャンペーン」を大手前祭翌週の休日に実施しています。
この取り組みは、日頃お世話になっているキャンパスの周辺地域をグループに分かれて1時間ほど清掃活動を行うものです。150~200名の学生が参加し、道路や溝など、さらには標識や公共施設なども清掃するため、近年では近隣住民から「ご苦労様、ありがとう」などの声掛けを頂けるようになり、年々、地域に浸透してきています。

「English & Leadership Camp」で朝来市民との交流

兵庫県朝来市と本学との人材育成に関する連携協定に基づく相互交流の一環として、夏季休暇期間を利用した「イングリッシュ&リーダーシップキャンプ」を同市内で行っています。キャンプに参加した学生と教員は、英語を使ったゲームやパーティーを通じ、同市の児童らとの交流を深めています。また「天空の城」として有名な竹田城の見学や、朝来市旧生野鉱山職員宿舎への宿泊など、朝来市の歴史にも理解を深めています。

「English & Leadership Camp」で朝来市民との交流
「English & Leadership Camp」で朝来市民との交流

毎日甲子園ボウル応援プロジェクト

毎日甲子園ボウル応援プロジェクト

大手前大学・短期大学から公募で、ダンス部メンバーを中心に、チアリーディングのチームを結成し「毎日甲子園ボウル応援プロジェクト」を2016年度より始動。全日本大学アメリカンフットボール選手権・決勝『三菱電機杯 毎日甲子園ボウル』のキックオフ前に、競技スポーツである『チアリーディング』を、初心者でも安全に体験できるように考案した、男女混成のオリジナルプログラムである「チアリーディング・エクスペリエンス」(THE CHEERLEADING EXPERIENCE)を披露。地域より集まった親子と学生たちが競演し、JAZZ研究部の演奏でさらに会場を盛り上げました。
開始から3回目の実施となったこのイベントは、学生と地域住民の交流として定着し、競技団体や地元自治体から高い評価を得ています。

そのほかの活動

  • 仁川学院「クリスマスの夕べ」の共催
  • 稲野自治会「体験型防災フェア」の共催
  • 「広報あしや」表紙デザイン
  • 西宮市立こども未来センター案内パンフレットの制作
  • 希少糖スイーツ公開講座の実施
  • 伊丹文化・まちづくりPR事業への協力
  • 障がい者施設アイ愛センターボランティア活動(短期大学)
  • 苦楽園口・夙川キャンドルナイト
  • 兵庫県立猪名川高等学校インターンシップ生の受け入れ
ページトップへ